近年結婚式を行わない、または簡単な披露宴で済ませるという方が多くなってきていますが、それでもウェディングドレスを着ることに憧れを持つ女性は少なくありません。しかし、自身にとってパーフェクトなウェディングドレスを選ぶことは楽しくやりがいがあることである半面、どれを選ぶべきか悩んでしまうなど、とても難しい作業でもあります。また、自分だけで決められるならまだしも、そうもいかない場合もあります。結婚するということは花嫁さん、花婿さんだけでなく、ご両親など家族とのつながりが増えると言うことです。そういったご家族からの意見や、花婿さんからのリクエストなどがあった場合、それも考慮して考えなければならないというプレッシャーにもさらされることがあるのです。さらには、一般的な結婚式や披露宴を行うことを決めた場合、お色直しをする必要があるでしょう。するとドレスを数着選ばなければならず、お色直しの回数によっては何着も選ぶ必要が出てきます。「ベストなドレス」を選ぶといっても、どう何を選ぶかはかなりの勇気と決断が必要なのです。

ウェディングドレス選びの難しさは、その選択の幅が多いことにあるともいえます。よって、実際に購入するにしても、レンタルを利用するにしても、実際に店頭に行ってからやサイトを見てから決めるという方法は悩みが増えるだけなのでなかなか決まりません。逆に言うと、まずはある程度自分でドレス選択に制限をかける、選ぶための準備をしておくことがとても有効的だと言えるのです。

選ぶための準備を行うタイミングは、早ければ早いほどよいですが、結婚を決める数ヶ月前には絞り込みをかけていくとよいでしょう。