ウェディングドレスを選ぶ準備、つまり無限にある選択肢を絞っていく作業は、まず大まかに自分がどういう結婚式、披露宴にしたいのか、または出席してもらう方がどのような人になるのかを思い浮かべることから始まります。

例えば、会社の上司や親戚を多く呼びたい、または呼ばなければならないとなった場合は、年齢層が高くなることが考えられますので、比較的フォーマルなドレスを着ることが求められることになります。こういった場では丈が短いスカートのドレスはふさわしいとはいえませんし、丈が短くなくても露骨に体のラインが出てしまうようなドレスは避けるべきドレスになります。もちろん、ウェディングドレスではなく、和装を選択することもあり得るかもしれません。一方、友人らを呼んで祝ってもらうような比較的カジュアルな結婚式や披露宴を想像するならば、ドレスもそれに応じて変わってきます。この場合は長いカテドラルトレインをつけたドレスはその場にふさわしくなく、少し体が強調されるような魅力的なマーメイドスカートのドレスが選択肢にあがっても決して不自然ではありません。さらに、最近定着しつつある夜の結婚式の場合でも事情は異なります。夜の結婚式は昼の結婚式とは大きく変わり、参加する方は胸元や肩を出すドレスやきらきらした装飾品を身にまとっていることがむしろマナーとされます。こうなると、花嫁さんも祝ってくれる方々に負けないような、華やかな装飾品やあでやかに見える魅惑的なドレスの着用が考えられます。

このように、式を思い浮かべるだけでも、それにふさわしいドレスが限定されていくことになり、無限にある選択肢が少し狭まり、選びやすくなるのです。